日本における福袋の存在について

日本における福袋の存在について

お正月になると販売される福袋は、日本における伝統的商法の一つとして広まっています。

 

主に正月にかけて安価で販売される福袋は、中身の見えない袋の中に商品が入っており、購買者は購入するまで何が入っているかわからない状態で買うことになります。

 

だいたいは販売される価格以上の商品が入っていたり、想像もできないような思わぬ商品が入っているなどして、「福」を呼びこむ袋として日本に住む人々に愛されています。

 

最近では、年末にかけて予約制の福袋などが登場しており、百貨店から小さな店やインターネットのウェブショップなど幅広いところで販売されるようになってきました。

 

値段も数百円前後から数万円も超えるものまで幅広い価格帯で売り出されています。